スポンサードリンク

2007年03月22日

社会保険労務士の試験について

社会保険労務士の試験は、厚生労働省による国家試験です。
受験するにも資格が必要です。

受験資格は以下のとおりです。

@大学で62単位以上を修得しているか短大・高等専門学校・一定の専門学校を卒業している者

A会社や労働組合で3年以上、労働社会保険諸法令に基づく事務を行ってきた者

B行政書士の資格取得者など、のいずれか。

試験科目は「労働基準法及び労働安全衛生法」、「雇用保険法」、「健康保険法」、「国民年金法」など8つがあります。

また、試験を合格した人には社会保険労務士の登録にあたって、原則2年以上の実務経験が求められますが、連合会の行う数ヶ月間の通信教育と試験後1年前後を経て、東京、愛知、大阪、福岡のいずれかで実施する4日間の講習を受けることにより、実務経験に代えることができます。

資格が一生涯有効なのも強みです。    
posted by hdaios at 18:00 | 社会保険労務士の試験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。